【血流改善で視神経に栄養を】健康湯で冷え改善

楽しみながら冷え改善!身近な食材でできる健康湯

健康湯で緑内障予防
 

入浴の効果を高めてくれるのが、入浴剤です。

毎日入浴するのであれば、色々な種類や香りの入浴剤を楽しみたいですよね。

しかし、入浴剤を集めるのは経済的にも負担になってしまいます。

そこで、おすすめなのが、身近な食材を使った健康湯です。

身近な食材を入浴剤にできれば、毎日飽きずにお風呂を楽しめますよね。

今回は、入浴に使える食材とその効果についてお伝えします。

 

健康湯食材1:みかんの皮

用意するのは、次の2つです。

・みかんの皮 50~100g
・ガーゼの袋や洗濯ネットなどの目が細かいネット

みかんの皮は、しっかり乾燥するまで4~5日程度陰干しして、用意した袋に入れてお湯の中に入れてください。

みかんの皮湯は、リラックスや冷え性の改善、風邪の予防や風邪に伴う関節痛などの改善に効果があります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

健康湯食材2:大根

用意するものは、次の2つです。

・大根の葉 2~3本分
・ガーゼの袋や洗濯ネットなどの目が細かいネット

用意した大根の葉の部分だけを切り取り、1週間程度風通しのよいところで乾燥させます。

乾燥した大根の葉を袋に入れて、入浴剤として使います。

大根湯には、肌荒れや肌の乾燥、痒みなどお肌のトラブルに効果的です。

もちろん、冷え性改善にも効果が期待できますよ。

 

健康湯食材3:りんご

用意するものは、次の2つです。

・りんご(できれば無農薬のもの) 2~3個
・ガーゼの袋や洗濯ネットなどの目が細かいネット

りんごは無農薬のものを選び、農薬がついている場合は、しっかりと洗い流すようにしてください。

よく洗ったりんごを8等分程度にカットし、袋にいれて、お湯の中に投入します。

りんご湯は、新陳代謝を促進して、疲労を回復してくれる効果があります。

また、肌の乾燥の予防にも効果的です。

 

健康湯食材4:わかめ

用意するものは、次の2つです。

・わかめ(生でも乾燥でも可) 50~100g
・ガーゼの袋や洗濯ネットなどの目が細かいネット

乾燥わかめは水に戻してから、適当にカットにして袋に入れ、入浴剤として使用します。

このとき、戻した汁も一緒に入れるとより効果的です。

また、塩漬けしているわかめは、塩をしっかり洗い流してから使いましょう。

わかめ湯は、冷え性を改善したり、肌をきれいに整えたりする効果があります。

 

健康湯食材5:セロリ

用意するものは、次の2つです。

・セロリ 2~3本
・ガーゼの袋や洗濯ネットなどの目が細かいネット

セロリは、葉ごと2~3cm程度の長さにカットして、袋に入れ、お湯の中に投入します。

セロリ湯は、冷え性の改善のほか、疲労回復や風邪予防、安眠に効果が期待できます。

 

緑内障社長の一言コメント

今回ご紹介した以外には、よもぎ湯やにんにく湯も血行改善に効果を発揮してくれます。
何も高い入浴剤を購入しなくても、家にあるような食材で健康な入浴が楽しめるのは嬉しいですね。
先人からの知恵は本当に偉大だと感じました。

参考
【愛蔵版】長生きのコツ 元気で健康な毎日を送るためのアイデア集 学研ムック