【ストレスを解消して緑内障予防】客観視で人間関係を改善する方法

他人から見た自分は違う?自分を客観視して人間関係を良くする方法

客観視で緑内障予防
 

「好意で行ったことなのに、逆に受け取られてしまう」
といった経験はありませんか?

誤解されやすい方は、自分を客観視できていない可能性があります。

他人の視点から見た自分を把握することで、誤解を少なくし、人間関係をよりよくすることができるんですよ。

そこで今回は、自分を客観視する方法についてお伝えします。

 

自分で思う自分と他人から見た自分は違う

「どうして伝わらないんだ」
「なぜそういう風にしか受け取ってもらえないんだ」

といったことは良くありますよね。

誤解が生じてしまうのは、自分で思う自分と他人から見た自分が異なっているからです。

自分では好意で行ったことでも、他人の視点で見れば悪意にしか受け取れないこともあります。

人間関係を良くするためには、自分本位に伝えるよりも「この人にはこういう風にすれば自分の気持ちが伝わるかな」と相手目線で伝わるように工夫することが大切なのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

他人の視点で自分を見ることの大切さ

そのためには、他人の視点で自分を見ることが大切です。

同じ行動や言葉でも立場の違いや性別の違いで、受け取られ方は違います。
また、相手の状況によっても、言葉や行動の意味は変わります。

例えば、労いのつもりで肩を軽く叩いても、人によっては圧力に感じますし、状況によってはセクハラにとられることもあります。

自分の言動が相手にとってどのような影響を与えるのかを知ることは人間関係にとってとても大切なのです。

また、相手の視点で物事を見れるようになると、相手の行動の意味や気持ちも分かるようになります。

すると、誤解されることも防げますし、自分が相手を誤解することも防げます。

 

ロールプレイングで自分を客観視する方法

それでは、どのようにすれば自分を客観視できるようになるのでしょうか?

自分を客観視する方法の一つが、ロールプレイングです。

ロールプレイングは、家族や友人など他の人と一緒に、自分とは違う人間の役を演じる方法です。

方法は以下の通りです。

・2人以上で行います。
・まず、上司や部下などいつもとは違う役を割り当てます。
・紙などに役を書いて、胸につけたり首からぶら下げましょう。
・割り当てられた役になりきって、こういうときこの立場だったら相手の言葉をどう受け取り、どんな発言をするか、考えて演じてみてください。
・一定時間ロールプレイングしたら、役を交代して同様に行ってみましょう。
・ロールプレイング後に意見を交換し合うと、より新たな発見を得られますよ。

 

「空の椅子」で自分を客観視する方法

ロールプレイングを一緒に行う人がいないときは、「空の椅子」の方法がおすすめです。

「空の椅子」の方法は次の通りです。

・座布団(または椅子)を2つ用意します。
・座布団を向かい合わせにおき、その一方に座ります。
・向かいの座布団には、今自分が話したい相手やコミュニケーションに困っている相手が座っていると想定します。
・まずは、自分から相手に対して伝えたいことを話しかけてください。
・次に相手の座布団に座り、相手になりきって自分に話しかけます。
・これを何度も繰り返すと、相手との関係で見えなかったことが見えるようになりますよ。

 

緑内障社長の一言コメント

ロールプレイングや空の椅子の方法は実際に心理療法で取り入れられている方法です。
実際に相手になりきって演じることで、様々な気づきが得られます。
人間関係に困ったときや、人生に息詰まったときは、一度相手の視点から自分を見つめ直してみてください。

参考
「自律神経失調症の治し方がわかる本」 村上正人、則岡孝子