身体の歪みは足元から生じます。

正しい靴選びで眼圧を下げる
 

眼圧を下げるために、身体の歪みを解消して、房水の流れやすい体質を目指しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、身体の歪みを解消する
 靴の選び方のポイントを
 5つ、お届けします。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

房水が詰まれば、眼圧は上がります。

そこで、身体の歪みを予防して、
房水の流れやすい体質を
目指しましょう。

そのために、今回は、身体の歪みを解消する
靴の選び方のポイントを、5つお届けします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

足元のトラブルが体の歪みの原因になる!?

体の歪みは血行不良や臓器の機能低下を起こす万病の元です。

実はその歪みを引き起こす大きな原因になっているのが足元のトラブルなのです。

特に注意したいのが、「靴」です。

適切な靴を履いていないと、重心が偏ったり、負荷が体にかかって骨格や筋肉量に歪みを生じさせてしまいます。

今回は、歪みを解消するための靴選びのポイントをご紹介いたします。
 

1. かかとがしっかり包まれている物

靴を選ぶ時にまず見てほしいのは、かかとです。

かかとのない靴やわざとかかとを踏んで歩いている方をよく目にしますが、かかとがしっかり包まれていない状態で歩くと、重心が不安定になり、体を歪めてしまいます。

靴を選ぶ際は、かかとがしっかり包まれて安定して歩ける物を選びましょう。
 

2. ヒールは1ー2センチが理想

特に女性に気をつけてほしいのが、ヒールのある靴です。

ヒールが高ければ高いほど、つま先立ちになり、歩く時に不安定になります。

足元が不安定だと、左右上下で筋肉のアンバランスが生じ、O脚などを誘発してしまうのです。

また、ヒールが低すぎると歩いた時の衝撃が直接脚に伝わってしまい、骨格を歪める原因になります。
ヒールの高さは1~2センチの物がベストでしょう。

 

3. 足首を覆う物はアウト

今ではオシャレを重視して、冬以外でもブーツを履く男女が多いですよね。

しかし、ブーツは足首を覆ってしまい、歩く時に脚の動きを制限してしまいます。

動きが制限されると筋肉や骨格に余分な負荷がかかり、体を歪めてしまいます。

靴を選ぶ際は、ロータイプで足首を覆わない物を選んでください。
 

4. 柔らか過ぎるインソールは避ける

衝撃吸収を重視するあまり、柔らかいインソールを選ぶ事もあるでしょう。

しかし、体の歪みの観点から見れば、柔らかいインソールは避けた方が良いでしょう。

インソールが柔らかいと足元が不安定になり、左右でアンバランスな歩き方になってしまいます。

硬すぎず柔らか過ぎないインソールを選んでください。
 

5. サイズは小まめにチェックする

最後に忘れてはならないのが、靴のサイズです。

デザインを重視するあまりちょっとくらいサイズが合わなくても買ってしまう時がありますよね。

しかし、サイズの合わない靴は外反母趾などの足元のトラブルを引き起こしたり、歩く時にかかと重心になったりして歪みを誘発してしまいます。

サイズの調整はこまめにして、常に自分の足のサイズに合った靴を履くようにしましょう。

最後に
足元の不安定は、骨盤を不安定にさせ、前後左右に体を歪めてしまいます。

体の歪みを改善するためには、足元から見直していきましょう。
ぜひ、今回ご紹介したポイントを参考にして、歪みを作らない足元を実現してください。
 

緑内障社長の一言コメント

もう何年も、お気に入りの同じ靴を買い直しては使っています(モデルチェンジすれば、新しいモデルを利用しています)。
そのため、私自身は靴で迷うことはほとんどないのですが、男性でもお洒落な方や、女性はたくさんの靴がありますから、靴選びで迷うこともあるのではないかと思います。
その際の選び方の一つのご参考として、「身体を歪ませない」というポイントを考慮いただけたら、嬉しいです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら