納豆で緑内障対策。

納豆で緑内障対策
 

アンチエイジング効果で、緑内障発症の確率を下げる。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、納豆を食べて
 アンチエイジングで、
 緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緑内障の発症・進行には、老化(加齢)が関わっていると言われています。

老化を避けることはできませんが、少しでも抗って、発症・進行の確率を下げましょう。

そこで、今回は、アンチエイジング効果のある「納豆」の健康効果をまとめました。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

大豆に秘められたアンチエイジング効果。

私たちが日ごろ気軽に食べている納豆は、豊富な健康成分と、老化防止に欠かせない様々な栄養素が含まれています。

今回は身近な食材の、納豆に秘められたアンチエイジング効果をご紹介いたします。
 

大豆に含まれるポリアミンの優れた健康効果。

納豆とは、煮た大豆を納豆菌で発酵した粘質の食品をいいます。
納豆菌は枯草菌の一種で稲の藁に多く生息しています。

この納豆菌に含まれる「ポリアミン」は、次のような健康効果があります。

ポリアミンはアミノ酸の一種であり、体の中でも作られますが、20代をピークに減少していきます。

ポリアミンには、加齢により血管や器官が慢性的に起こす、炎症を抑える効果があることから、「若返り物質」と呼ばれています。

生活習慣病や動脈硬化の予防など、アンチエイジング効果に優れた物質です。
 

なぜ納豆に若返り物質のポリアミンが多く含まれているのか?

では、なぜ納豆にポリアミンが多く含まれているのでしょうか?

それは納豆菌の驚異的な繁殖力が関係しています。

ポリアミンは納豆菌に含まれる物質なので、納豆菌が増えればポリアミンも増えます。
納豆菌は胃酸に強く腸まで到達して、さらにポリアミンを増やすという驚異的な菌なのです。
 

ポリアミンの健康効果について。

次に、ポリアミンの健康効果をまとめてみました。

■ 新陳代謝の促進
■ 動脈硬化の予防
■ 生活習慣病の予防
■ 骨粗しょう症の予防
■ 免疫力アップ

このように健康効果の高いポリアミンですので、積極的に摂取したいですよね。

しかし、納豆の健康成分はポリアミンだけではありません。

他にも次のような成分がアンチエイジング効果を発揮します。
 

納豆のアンチエイジング成分。

■ レシチン

血液循環を促し、デトックス効果がある。

■ ビタミンE・サポニン

抗酸化作用があり活性酸素の発生を防ぐ。

■ ビタミンB 2

細胞の新陳代謝を高めて眼精疲労や体の疲れをとる。

■ 食物繊維

豊富な食物繊維が腸内を整えて便秘を予防し免疫力アップ。

■ ナットウキナーゼ

血栓を予防して心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ。

このように納豆には、多くのアンチエイジング効果が秘められています。
 

納豆はいつ食べると効果的?

納豆を食べるのは「夜がいい」と聞いたことがあるのではないでしょうか?

これには納豆のネバネバした部分に含まれるナットウキナーゼが関係しています。

ナットウキナーゼは心筋梗塞や脳梗塞の原因になる血栓を溶かす効果があります。
血栓は深夜から明け方にかけて起こりやすことから、夕食後か寝る前に納豆を食べると、血栓の予防に効果があると言われています。
 

一日に食べる適量とは?

納豆は栄養豊富な食品ですが、食べ過ぎはよくありません。

納豆に含まれる「セレン」は、抗酸化作用のある栄養成分ですが、摂取し過ぎると肝機能不全などの中毒症状を起こします。

厚生労働省はセレンの一日の摂取量は、250マイクログラムを基準としていますので、一日分の納豆は50gを2パック程度にしておくと良いでしょう。
 

緑内障社長の一言コメント

納豆は、タンパク質も豊富ですし、積極的に食べたいですね。夜に食べるのがいい、というのは私には意外でした。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら