甲東園整体院HALのハル先生に伺う、脳脊髄液圧と緑内障の関連性


 
身体の専門家の先生がご自身で心がけていらっしゃる体質改善方法、今回は、甲東園整体院HALのハル先生に伺います。

ハル先生は、アメリカの大学で医学を学ばれ、循環器内科と整形外科の分野で約10年、および、整体・カイロプラクティックの分野で15年以上、アメリカや東京において5万人以上の実績をお持ちです。

訪れた患者さんの9割が短期で健康を回復すると評判です。
 

ハル先生に伺う、脳脊髄液の生産・循環を良くするエクササイズで健康を取り戻す

(先生ご自身が心がけていらっしゃる体質改善の方法を教えてください)

脳脊髄液を流す、ということです。

当院を訪れてくださった患者さんにもお勧めしています。

身体には、血液やリンパ液以外にも、脳脊髄液(のうせきずいえき)と呼ばれる体液が流れています。

脳脊髄液は、頭蓋骨から仙骨と呼ばれるお尻の骨の間を、背骨の中を経由し、行ったり来たりしながら流れている、無色透明の体液です。

この脳脊髄液は、頭蓋骨中で脳を衝撃から守るとともに、脳の機能が正常に働くよう補助したり、脳に栄養を運んだり、脳に溜まった老廃物を除去するクリーニングの役目を担っています。

したがって、脳脊髄液の循環が悪くなると、身体に様々な不具合を生じます。

いくつかの医学論文では、脳脊髄液圧が低いと緑内障の危険性が高まると述べられています。

自律神経失調症をはじめ、原因のわからない不定愁訴と呼ばれる症状も、この脳脊髄液が大きく関わっていることが多くあります。

また、脳に溜まる老廃物には、アミロイドベータと呼ばれるたんぱく質が含まれており、蓄積するとアルツハイマー病の発症につながるとも考えられています。

そこで、この脳脊髄液の生産・循環を良くするエクササイズを行って、健康な身体を取り戻しましょう。

就寝中の方が、起きているときよりも、脳脊髄液の流れはより速くなります。

したがって、就寝前に布団の中で行うと良いかもしれません。
 

(脳脊髄液の生産・循環を良くするエクササイズのやり方)

1. 両足をのばして仰向けに寝てください。

2. 目を閉じリラックスしてください。

3. 一方の踵を1ミリだけ、5秒かけて伸ばし5秒かけて戻します

4. 次に、他方の踵を1ミリだけ、5秒かけて伸ばし5秒かけて戻します。

5. このように横になった状態で、左右の踵をわずかに足踏みするように、交互にゆっくり動かします。

6. 3分ほど動かしたら終了です。そのまま良い眠りについてください。


 

もし、足を伸ばして寝るよりも、膝を曲げた方が楽という方は、膝を曲げたままでもかまいません。

その場合も、やり方は同じ。膝を1ミリ、2-3秒かけて押し出すように交互に動かすだけ。

コツは

「ゆっくり動かすこと」
「1ミリ以内で僅かに動かすこと」

です。

先ほど述べたように、脳脊髄液は、頭蓋骨からお尻の仙骨までの間を循環しています。

つまり、足を交互に動かすことで、脳脊髄液が流れる仙骨を動かし、ポンプのように脳脊髄液を、頭蓋骨の方へ送り出しているわけです。

効果の出方には個人差はありますが、毎日続ければ、数週間できっと身体は変わってくると思います。

もちろん、「健康」になるだけでなく、お肌に張りが出るなど、女性には嬉しい「美容」にも効果はあります!

是非お試しください。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

甲東園整体院HALのご案内


 
HP:http://www.perfectseitai.jp/

兵庫県西宮市上大市1-10-9 CASA ESPIRAL 2F
営業時間:09:00-20:00
定休日:祝日
TEL 0798-55-8805


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら