「鍼灸師が解説する緑内障の方の為の東洋医学講座」連載第4回のテーマは、東洋医学を用いた身体の見方その2です。

鍼灸師の先生による解説記事をどうぞご覧ください。

 

東洋医学を用いた体の見方 その2

基本編に続いて、次は実際に東洋医学の現場で非常によく使用されている判断方法を紹介します。

難しいと感じられるかもしれませんが、どの部分に病が存在しているか、どの段階であるかを知るための手段となります。

それぞれ、東洋医学の長い歴史の中で編み出された方法となっており、「証(しょう)」と呼ばれる病の状態を判断して、それに応じた治療方法を考えます。

 

八綱弁証(はっこうべんしょう)

中国で伝統的に発展した弁証方法で、「表裏」、「寒熱」、「虚実」、「陰陽」という八つの要素から判断します。

表裏(ひょうり)

表は表層、裏は深部、病気がどの部位にあるかを特定する。

「表裏」では、体の外側か内側かを判断します。

発熱や悪寒、咳などの症状であれば「表証」、内臓など体の中に影響が出ていれば「裏証」となります。

表証は比較的初歩の段階となるため、それ以外は裏証ととらえることがほとんどです。

寒熱(かんねつ)

熱の有無で病気の状態はどうなっているかをみる。

「寒熱」は熱を伴っているかどうかを判断します。

ほてりや目の充血、発熱や炎症であれば「熱証」、反対に冷えている状態を「寒証」と考えます。

虚実(きょじつ)

虚は不足した状態、実は過剰な状態。病気のきっかけや経緯を知る

「虚実」は、正気と邪気のバランスをみる非常に東洋医学的な考え方です。

見分け方は、下痢、汗や尿がふえる、顔面蒼白が「虚証」、外邪が侵入して発熱や便秘、汗や尿が出にくくなるのが「実証」で鋭い痛みが起きることもあります。

陰陽

上記の六つの要素に加えて、補足を行うのが陰陽の概念です。

表裏、寒熱、虚実と判断した後に「陰陽」を含めて考えます。

「陰証」は、裏証、寒証、虚証と考えて、症状としては悪寒や冷え、顔面蒼白があります。

「陽証」は、表証、熱証、実証と考えて、症状として目の充血やほてり、炎症や発熱があります。

基本的には、表証・熱証・実証は陽の性質、裏証・寒証・虚証は隠の性質があります。

 

目の症状の見方

「表裏」で考えると目は視神系から脳に関わることから一見、「表」でありながら「裏」であると言えます。

特に大きく関連するものは「虚実」「寒熱」です。

「虚実」で考えると目の様々な症状は「血」が虚した状態と考え「虚」ととらえることが多くなっていますが、充血や炎症が起きている場合には「実」とも考えます。

また、「寒熱」で考えると基本的には「熱」が上がった状態となりますが、「寒」が極まって症状が出ることも考えられます。

それぞれを加味した上で、「陰陽」を考えます。全体的には「陰」であることが多いですが、赤みや熱があるようであれば、「陽」となります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

六経弁証(ろっけいべんしょう)

病の現時点での状態を判断する弁証方法です。

病は、太陽病→少陽病→陽明病→太陰病→少陰病→厥陰病の順番に進行します。

八綱弁証と照らし合わせると、太陽病は表証、反対に厥陰病は裏証となります。

太陽病

発病して間もない状態、表面に邪気がある。

少陽病

半表半裏(はんぴょうはんり)、臓器にも影響が及びはじめる。

陽明病

邪気が裏に入り、発熱し、便秘など消化器症状が出始める。

太陰病

陽から陰への移行期、下痢や嘔吐、冷えなどが感じられる。

少陰病

全身に影響が及び、表が寒のときは体が痛み、裏のときは下痢や便秘などの消化器症状が出ます。

厥陰病

裏の寒症が極まり、症状がひどくなる。

頭が熱く、足が冷えている状態。

 
一見難しい六経弁証ですが、風邪をひいたときの経過で考えると分かりやすいです。

風邪を引き始めて表面に邪気がある場合には、悪寒を感じ、陽から陰へ移行するときに冷えから下痢を起こし、さらに節々が痛み、風がひどくなると発熱するという流れです。

ただし、必ずしも太陽病から始まり厥陰病に終わるというわけではありません。

また、順番通りに経過しないこともあり、それぞれの状態が同時に起こることもあります。

総合的に判断して今どの段階にあるかを考えていきます。
 

執筆者プロフィール

ノダミライ
日本の鍼灸師国家資格、フランスのエステティシャン国家資格保持。日仏で約15年間活動後独立。美容鍼灸、エステ施術を行うほか、美容や東洋医学のライターとしても活動中。
 
 


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら