ロービジョンの安全対策に!センサーライトを使うメリットと活用方法

センサーライトでロービジョンケア
 

家の中や周囲には、思いのほか暗くて見えにくい場所がたくさんあります。

ロービジョンの方が安心して生活するためには、暗い場所への対策が大切です。

そこでおすすめのなのが、センサーライトの設置です。

実はセンサーライトは、安全対策以外にも目が悪い方の生活を便利にするメリットがたくさんあるんですよ。

今回は、センサーライトを設置するメリットやおすすめの活用方法についてお伝えします。

 

1. センサーライトとは?

センサーライトとは、人感センサーによって人が近づくと明かりが点灯するライトです。

明かりはつきっぱなしではなく、設定されている時間が経過すると自動的に消灯する仕組みになっています。

つまり、明かりが必要なときにだけ、ライトが点灯してくれる便利なアイテムなんですよ。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

2. センサーライトを設置するメリット

必要なときにだけ明かりをくれるセンサーライトは、ロービジョンの方の生活を安全にしたり便利にしてくれたりと様々な恩恵を与えてくれます。

センサーライトを設置するメリットは、ずばり、暗い場所での見えにくさをカバーしてくれるということです。

効果的にセンサーライトを設置することで、見えにくく危険だった場所を安全な場所に変えることができます。

また、センサーライトの明かりが目印として役立つこともあります。

さらに、ライトのオンオフが必要ないため、電気の消し忘れという問題も解決してくれるんですよ。

エコに安全対策ができるのが、センサーライトを設置するメリットなのです。

 

3. 生活を便利にするセンサーライトの活用方法

それでは、実際にセンサーライトをどのように活用すれば、生活を便利にすることができるのでしょうか?

おすすめの活用方法を4つご紹介します。

活用方法1 夜や暗い場所を通るときの転倒防止として使う

廊下やガレージの中、玄関などは薄暗いことが多く、つまずいたり物にぶつかったりして転倒する危険があります。

また、夜にトイレに行くなど、どうしても暗い場所を通る必要が出てくることも多々あります。

そんなときに、廊下やガレージの入り口、玄関などにセンサーライトを設置しておくと、安全に通ることができ、転倒事故を未然に防ぐことができます。

活用方法2 段差などの注意喚起や目印として使う

センサーライトは、注意が必要な場所の目印としても使えます。

目が悪いとどうしても段差や物が置いてある場所が見えにくいときがあります。

段差がある場所や、階段の始まりと終わり、滑りやすい要注意な場所、物が置いてある場所などの少し手前にセンサーライトを設置しておくことで、「この先は注意が必要な場所」だと明かりが注意換気の目印になってくれます。

活用方法3 暗い場所で短時間の作業をしたいときに使う

ドアの前で鍵を探したり、玄関で靴を脱ぎ履きするなど、ちょっとした作業を行いたいときに周囲が暗いと、時間がかかってしまいます。

外のドア前や玄関などにセンサーライトを設置しておくことで、鍵を探したり靴を脱ぎ履きしたりといった日々のちょっとした作業が格段に楽になります。

活用方法4 防犯対策として使う

センサーライトは、防犯対策としても有効です。

ドア前や庭、ガレージなどにセンサーライトを設置しておくことで、不審者や空き巣狙いなどが近づきにくくなります。

また、防犯意識の高い家だと感じさせる効果もあるんですよ。

 

最後に

センサーライトは転倒防止の安全対策以外にも、防犯対策や目印など様々な活用方法があります。

必要なときだけライトを照らして見えやすくしてくれるため、エコにロービジョンの方の生活を便利にしてくれます。

玄関や廊下などで不安を感じる方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら