NOを増やして血管を若返らせるストレッチ

血流改善で緑内障予防
 

血流を改善するためには、血液をサラサラにする事も大切ですが、血管を若々しく保つ事が何よりも重要です。

血管の若々しさは、血管の硬さではかる事ができます。
健康な血管は柔軟性があり柔らかいですが、劣化した血管は硬くゴムホースのように伸びきってしまっています。

実は血管の柔らかさを維持するためには、血管の内皮細胞から分泌されるNO(一酸化窒素)の量を増やす必要があります。
そこで、今回はNOの分泌量を増やすためのストレッチ方法を2つお伝えします。

 

NOの役割

血管の内側には内皮細胞と呼ばれる非常に重要な細胞が存在します。

この内皮細胞から分泌されるのが、NO(一酸化窒素)です。
NOは血管のメンテナンス役としての働きを担っています。

NOが分泌される事で、血管は劣化してもお手入れされて、若さを取り戻す事ができます。

NOの重要な役割は以下の4つです。

・血管を拡張して血流を促進する
・血圧を安定させて高血圧による血管の劣化を防ぐ
・血栓の生成を防止し、血管が詰まるのを防ぐ
・傷付いた血管を修復して動脈硬化を防ぐ

まさに、若々しい血管を維持して血流を改善するためには、NOはなくてはならない物質なのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

NOを増やすストレッチ1. 寝ながらストレッチ

NOは内皮細胞を刺激する事でたくさん分泌されるようになります。

そして内皮細胞を効率よく活性化には、「緊張と脱力を繰り返す」ストレッチが効果的です。

まず始めに、寝ながらできるNO分泌促進ストレッチをご紹介します。

・このストレッチは朝起きた時に、布団の中でそのまま行います。
・交感神経を活性化させるため、夜には行わないようにしてください。
・仰向けの状態で体をリラックスさせて寝転びます。
・顔から足先まで全身に力を入れて筋肉を緊張させ、息を止めて10秒間キープします。
・この時、お腹や肛門にも力を入れるようにしてください。
・10秒経ったら、口から大きく息をゆっくり吐き、全身の力を抜きます。
・緊張と脱力を1セットとして、3セット繰り返しましょう。

 

NOを増やすストレッチ2. 肩のストレッチ

次は日中や仕事の合間にもできるNO分泌ストレッチです。
簡単にできる上、血流が促進されて肩のこりや冷えを緩和できるため、冷え症の方やオフィスワークで体のコリを感じている時にするとよいでしょう。

・背筋を伸ばして立つかイスに座ります。
・全身に力を入れながら肩を限界まで上に引き上げてください。
・この状態のまま息を止めて、10秒間キープします。
・10秒経ったら、口から息を大きく吐き出しながら、肩を下にダランとおろし、全身の力を抜きます。
・肩がポカポカするまで緊張と脱力を数回繰り返しましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

内皮細胞を健全に保つためには、血管のメンテナンス係であるNOの分泌を促進する事が大切です。
NOは内皮細胞から分泌されるため、NOが分泌されなくなると内皮細胞が劣化し、さらにNOの分泌量が低下するという負のスパイラルに陥ってしまいます。
今回ご紹介した簡単なストレッチでもNOの分泌を促進できるため、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら