【若さを保って緑内障対策】気功をもとに開発された猫伸びストレッチ

全身の気が満ちる!猫伸びストレッチの効果と方法

猫伸びストレッチで緑内障予防
 

体の「気」つまりエネルギーが足りなかったり滞ったりすると、心身は老化していきます。

脳・心・体を元気にするためには、気の循環をよくして、全身に気が満ちるようにすることが大切です。

そこで、おすすなのが「猫伸びストレッチ」です。
今回は、猫伸びストレッチの効果ややり方についてお伝えします。

 

猫伸びストレッチとは?

猫伸びストレッチとは、気功をもとにして開発された健康法の一つです。

猫が伸びるときのような動作を行うことで、脳と体の両方を程よく刺激して、活性化させます。

気功から編み出された健康法ですので、全身に気を満たして心身を若返らせる目的で考えられています。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

猫伸びストレッチの効果

猫伸びストレッチは、体の表面と裏面の両方を伸ばすことで、気の循環をよくする効果が得られます。

全身が気で満たされることで、内臓の機能が高まり、代謝が向上します。

代謝が向上すると脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエットにも効果が期待できます。

また、猫伸びストレッチには、血流を促進して体を気持ちよく温める作用もあります。

心地よさを感じることで、ストレスが緩和されて、体のバランスが整います。

さらに、猫伸びストレッチには、脳を刺激する作用もあります。

脳への刺激に血流促進効果も相まって、乱れたホルモンバランスを正常化し活性化させる効果が期待できるんですよ。

 

猫伸びストレッチのやり方

猫伸びストレッチのやり方は次の通りです。

・両手の平、両膝、つま先を床にしっかりつけ、四つん這いになります。
・鼻からゆっくり息を吸いながら、お腹を凹ませます。
・このとき、お腹と同時に肛門とお尻にも力を入れて締め、背中を持ち上げるように丸めます。
・背中が丸くなった状態で息を吸い終えたら、息を止めて3秒間姿勢をキープします。
・3秒経ったら、太ももが床に垂直になるように下半身を固定した状態で、鼻から息を出しながら、顎が床につくまで両腕を前に伸ばしていきます。
・このとき、お腹の力は緩めずに、お尻と肛門の力だけ抜きます。
・顎を床について伸びた状態のまま息を止めて、3秒静止してください。
・そのまま体をペタッと床につけてうつぶせの状態になります。
・次に鼻から息を吸いながら、お腹・太もも・お尻・肛門に力を入れて引き締め、両手を体の横側について腕を伸ばし、上体のみを起こします。
・腕を伸ばしきり、上体のみを起こした姿勢で息を吸い終えたら、そのまま息を止めて3秒静止しましょう。
・姿勢をキープしたまま鼻から息を吐き出していき、腹部以外の力を緩め、肩と首も脱力して頭を下げます。
・息を吐ききったら息を止めて3秒静止してください。

猫伸びストレッチに慣れてきたら、3秒の部分を9秒まで少しずつ伸ばしていき、ステップアップしていくといいですよ。

 

緑内障社長の一言コメント

猫伸びストレッチは、お腹側と背中側の両方を気持ちよく伸ばすことができます。
気持ちよさを感じながら伸びることで、脳と体が心地よく刺激されますので、ぜひ楽しみがなら挑戦してみてはいかがでしょうか。

参考
「からだにいいこと」 2017年4月号