【ストレスは眼圧を上げる】思考グセを変えて人間関係を良くする方法

自分の呪縛を解く!思考グセを変えて人間関係を良くする方法

思考グセを直して緑内障対策
 

「人に誤解されやすい」「人間関係がどうも上手くいかない」という悩みを抱えていませんか?

人生や人間関係が上手くいかないのは、もしかすると自分の思考グセが原因かもしれません。

幼少期から「~でなければならない」という考えを植付けられると、無意識のうちに自分自身や周囲の人間がそうなるように行動するようになります。

人間関係や人生を変えるためには、根底の思考を変えることが大切です。

そこで、今回は、自分を縛っている思考グセを変える方法をお伝えします。

 

「頑張らなくてはならない」という思考から抜け出す

あなたはいつも自分を追い込むように何かに打ち込もうとしていませんか?

「一生懸命しなければならない」
「もっともっと」
「まだまだだめだ」

などの口癖がある方は、「頑張らなくてはならない」という思考グセで自分を縛っています。

頑張ることは悪いことではありませんが、「頑張らなくてはならない」と追い込んだ考えをしていると、目標を見失ってしまいます。

また、頑張ることを他人にも強要するようになったり、いつも眉間にシワを寄せて固い表情になるため、人間関係も悪くなります。

頑張り過ぎてしまうあなたは、自分に「休む」許可を与えてあげましょう。

「休んでもいい」と思うようにしていくことで、思考グセから抜け出せるようになります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

「完璧でなければならない」という思考から抜け出す

「ちゃんとしなければいけない」
「とことん徹底的にするべきだ」
「ミスがあってはいけない」

と考えるクセがある方は、「完璧でなければならない」という思考グセに陥っています。

完璧を追求しすぎると、少しのミスで自分も他人も激しく非難するようになります。

また、好意でしてくれたことに対しても不満を抱き、感謝の気持ちが持てなくなってしまいます。

完璧ばかり求めてしまうあなたは、「ミスや欠点があってもいい」と自分に許可を与えましょう。

ミスを許容する気持ちを持つことで、柔軟な姿勢を持てるようになります。

 

「強くなければならない」という思考から抜け出す

「男らしく」
「もっとしっかりしなきゃ」
「我慢すればいい」

と考えるクセがある方は、「強くなければならない」という思考グセにとらわれています。

強くあろうとすればするほど、他人の力を拒み、自分一人でなんとかしようと行動するようになります。

しかし、助力を拒まれた周囲の人は、自分が否定された気持ちになってしまいます。

また、普段から自分が我慢していると、我慢を他人に強要するようにもなります。

弱さに怯えを感じているあなたは、「弱い自分」を許してあげましょう。

「弱さを見せてもいい」と自分の弱みを人に見せる気持ちを持つことで、人と協力できるようになりますよ。

 

「他人のために」という思考から抜け出す

周囲の人と接するときに、

「~でいいですか?」
「~でしょ?」

とすぐに顔色をうかがってしまったり、頼まれたときにNOを言えなかったりする方は、「他人のために」という思考グセに縛られています。

自分を犠牲にして他人のために尽くしてしまう方は、対等な人間関係を築けません。

また、「私はあなたのために頑張っている」と低姿勢のわりに、心の中では上から目線で人と接してしまいます。

他人に依存的になってしまうのもこの思考の特徴です。

他人のために自分を犠牲にしてしまうあなたは、「自分はどうしたいのか」と自分視点で物事を考えるようにしましょう。

また、「自分も楽しんでいい」と許可を与えてあげることで、自分軸で人生を楽しめるようになりますよ。

 

緑内障社長の一言コメント

思考のクセは自分ではなかなか気付くことができません。
もし、自分の人生や人間関係に不満や悩みを抱えているなら、一度立ち止まって自分の口癖や心の声に耳を傾けてみるとよいそうです。
すると、自分を縛っている思考グセを見つけることができるとのこと。
もし思考グセを見つけたら、自分に許可を与えて、その呪縛から解放してあげるとよいそうです。

参考
「自律神経失調症の治し方がわかる本」 村上正人、則岡孝子