眼圧を下げる為、リラックスする方法をご紹介します。

緑内障のためにリラックス
 

口を緩め、アゴの力を抜くと、全身がリラックスします。

本日は、「口をゆるめて」、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「眼圧を下げる改善策」に関連した内容です)
 
■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 口をゆるめて
 身体をリラックス
 させましょう

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緊張すると、
奥歯をかみしめるように、
下アゴに力が入ります。

このことから、
アゴの力を抜くことができると、
身体全体をリラックスさせる
ことができます。

しかし、
普段から力が入っている
アゴの力を抜こうとしても、
簡単にはできません。

そこで、まずは
ゆるんだ感覚を
思い出すことが有効です。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

アゴをゆるめる方法

1.
割り箸を、
左右どちらかの奥歯に
はさみます

2.
そのまま横になって、
リラックスします

3.
アゴの奥が開いて、
くわえた側の
こめかみ周辺の筋肉が
伸びている感覚を味わいます

4.
首筋や肩、股間接まで
ゆるむ感じを確認します
 

身体全体が緊張しているとき、アゴにも力が入っています。

身体が変に緊張していると、
眼圧が上がりやすくなります。

そこで、様々な方法で
普段から体をリラックスさせて
あげましょう。

たとえば、緊張すると、
奥歯をかみしめるように、
下アゴに力が入ります。

このことから、
アゴの力を抜くことができると、
身体全体をリラックスさせる
ことができます。
 

アゴの力を抜くメリットは、眼圧を下げることだけではありません。

アゴの力を抜くことができると、
スムーズに動けますし、
睡眠時の歯ぎしりも、
アゴの緊張が原因です。

夜なかなか眠りにつけないときも
アゴをゆるめることは有効です。
 

なぜ、アゴの力をうまく抜くことができないのか。

しかし、
普段から力が入っている
アゴの力を抜こうとしても、
簡単にはできません。

緊張状態が続くと、
ゆるむ感覚を
忘れてしまうためです。
 

アゴの力を抜いてリラックスするために。

そこで、ゆるんだ感覚を
体験することが効果的です。

ご紹介した方法で、たまに
ゆるんだ感覚を思い出し、
全身をリラックスさせることで、
眼圧の上がりにくい体質作りを
目指しましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

この体操は、実際にやってみると、普段自分がいかに、無意識のうちに力んでしまっていたか、気づくことができます。
何度か意識することで、うまくリラックスできるようになったと感じています。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら