βカロテンやミネラル類が豊富!目に良いレシピ:水菜

水菜
 

一年中サラダでよく使われている水菜。

ハウス栽培がおこなわれているため、現在では年中入手することが可能ですが、水菜の旬は冬。

これからの季節に旬を迎える野菜なのです。

今回の記事では、冬が旬の水菜の栄養や壬生菜(みぶな)と違うのか?ということなどを解説していきます。

 

水菜は京都の伝統的な野菜

水菜は、古くから京都や大阪など関西で食べられてきた野菜です。

関西では古くから葉がギザギザしているものが水菜、ギザギザしていないものを壬生菜と呼んできました。

壬生菜の壬生は、京都市の地名を指しています。

かつて京都で活躍した新選組を「壬生の狼」というように、壬生とは京都のことなのです。

もともと京都で作られていた水菜は、茎がしっかりしていて辛みもありました。

しかし、現在の水菜は生でも美味しく食べられ、辛みがなく、茎も柔らかいように改良されています。

それでは、水菜の栄養やレシピをご紹介します。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

水菜の栄養

水菜には、βカロテン(ビタミンA)やビタミンCなどが含まれています。

特にβカロテンは、目に良い栄養としても有名ですよね。

そして、目だけではなく、髪や皮膚の健康維持にも良い栄養なので、βカロテンは私たちの健康に欠かすことができない栄養素です。

さらに詳細については、以下の記事をご確認ください:
管理栄養士が解説!目に良いレシピ:βカロテンを食べるレシピ
管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ビタミンAを食べるレシピ
管理栄養士が解説!目に良いレシピ:ビタミンCを食べるレシピ

ミネラル類では、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄なども豊富に含んでいます。

目の健康が気になる方だけでなく、血圧が気になる方に欠かせないカリウム、貧血になりがちな女性に欠かせない鉄などもしっかりとれますよ。

 

水菜とにんじんのジャコ炒め

今回ご紹介するのは、水菜と人参のジャコ炒めです。

材料

水菜1束、にんじん1/2本、ちりめんじゃこ30~40g、サラダ油小さじ1、しょうゆ小さじ1、塩コショウ適量

作り方

1.水菜はしっかり洗って食べやすい大きさに切る。にんじんは薄めの千切りにする。

2.フライパンに油を加熱し、ジャコを炒る。カリカリが好きな方は、しっかりカリカリになる寸前くらいまで炒めてしまいましょう。カリカリにしたくない方は、さっと炒める程度でOK。

3.2.に人参を加えて炒め、にんじんに火が通ったら水菜を加える。

4.塩コショウ、しょうゆを加える。ジャコに塩気があるため、味見をしながら塩辛くならないように調整しましょう。

レシピのポイント

目によい栄養素であるビタミンAは、脂溶性のビタミンです。

油に溶ける性質があるので、炒め物にして油と絡めて食べると、吸収率がアップするのでおすすめです。

 

執筆者プロフィール

管理栄養士 おか なおみ
卒業後、管理栄養士として病院や福祉施設での栄養管理、給食管理の仕事に従事。現在は高齢者施設にて入居者様の栄養管理および、質の良い食事サービスを目指して季節感を取り入れたメニューの作成や調理員の指導を行っている。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら