「緑内障社長の目に良い日記」では、緑内障の症状や治療方法、治療以外の予防・改善の可能性がある情報などを幅広く無料で発信し、失明等の不安を少しでも解消することを目的としています。医学的治療以外の情報も発信している理由やご注意いただきたい点などはトップページ等、ご覧ください。緑内障・視野欠損の不安に負けずに生きる方のためのお役に立てる情報をお届けできるように努め、緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障治療以外の予防法
  • HOME »
  • 緑内障治療以外の予防法 »
  • 緑内障の予防:栄養編

緑内障の予防:栄養編

オメガ3脂肪酸で脳や神経の健康を維持して緑内障対策

脳や神経系の健康を維持する成分として注目されている、オメガ3脂肪酸の健康効果をご紹介いたします。オメガ3脂肪酸とは、DHA・EPA・DPAを含む不飽和脂肪酸の総称です。これらは身体の細胞膜を構成する成分のひとつ。北極圏に住むイヌイットの人々が、アザラシなど脂肪を多く含む食事を摂り続けても、心臓・血管系の病気が少ないことに注目し、研究発表された成分です。視力や記憶力の維持と向上サポートする成分として注目されています。

ゴボウで身体を温めて、血流を改善して緑内障対策

ゴボウには身体を温める効果があります。豊富に含まれるポリフェノールやビタミンCとビタミンEが、血行を促進し、食物繊維の働きも加わり、身体の冷えを引きおこす原因の便秘を解消して、体温を高めることにつながります。冷えを解消し、血流を改善することで、目に酸素・栄養をしっかりと届け、緑内障対策としましょう。

緑内障予防のためのアンチエイジング効果のあるスムージーレシピ

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。そこで、アンチエイジング効果を期待できるスムージーのレシピをご紹介します。野菜や果物の栄養素を余すことなく摂取できるのが、スムージー。特に抗酸化物質を豊富に含む食材を使う事で、アンチエイジング効果が期待できます。

アルギニンで成長ホルモンを分泌して緑内障予防

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。そこで、注目したいのが、アルギニンと成長ホルモンの関係。成長ホルモンには、アルギニンという成分が重要な鍵を握っています。アルギニンとは天然アミノ酸のひとつ。しかし、加齢とともに、身体に必要な量を生成することができなくなってしまいます。

辛い玉ねぎで、血流を改善して、緑内障対策

玉ねぎを切ると涙が出るのは「流化アリル」という成分が、目や鼻を刺激するからです。この流化アリルは血液中の悪玉コレステロールを減らして血液の固まりを溶かし、サラサラの状態にします。さらに、血管を詰まらせる原因の血栓を防いで血液の流れをよくする効果があります。血流改善や、白血球・リンパ球の活動を高め、緑内障対策にも積極的に取り入れたい成分です。これにより生活習慣病の予防に、効果が期待されています。

アサイーのアンチエイジング効果を活用して緑内障対策

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。そこで、今回注目したいのが、アサイーのアンチエイジング効果です。アサイーを上手に摂って、老化に抗い、緑内障を予防しましょう。

カレーを食べてストレス解消して、眼圧の上昇を予防しましょう

カレーに使うスパイスのウコンには、「クルクミン」という成分が含まれています。脳には独自の免疫システムがあり、ストレスの原因となるネガティブな記憶を変化させる作用があります。クルクミンのもつ消炎効果は、脳細胞に働きかけて記憶の形成を変えるように促し、嫌な体験や、怖い記憶を取りのぞく効果があるとされます。このクルクミンの作用がストレス解消の成分です。また、クルクミンはストレスにより血行不良となった血管を拡張させて血流改善をし、活性酸素を取りのぞく効果があるといわれます。カレーでストレスを解消し、眼圧上昇を予防し、緑内障対策としましょう。

梅肉エキスの血流改善効果で緑内障対策

古くから民間薬に用いられてきた梅肉エキスには、ムメフラールという成分が含まれています。これは梅を加熱することでクエン酸と糖の一部が結合してできる、梅肉エキスならではの成分であり、生梅や梅干しには存在しません。ムメフラールには、細い血管でも血液がスムーズ流れるように赤血球が形を変える、”赤血球変形能”という機能を促進する作用と、血小板凝集抑制作用が血栓を予防する効果があります。視神経強化につながり緑内障対策になります。

身近なスーパーフード!バナナでアンチエイジングして緑内障予防

緑内障は、加齢とともに、発生・進行の確率が上がります。老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。そこで、今回注目したのが、バナナです。実はバナナは身近な食品の中でもトップクラスに入る健康効果を持っているのです。しかも全ての成分が高いレベルでバランス良く配合されています。特に注目すべきは、抗酸化作用と代謝促進作用です。人体の老化は、代謝の緩慢による古い細胞の蓄積と、酸化による細胞の損傷によって加速します。バナナを食べる事で、細胞を酸化から守り、代謝を促進する事で、古い細胞を排出し、新しい細胞を作り出す力を維持する事ができるのです。

シナモンの血流改善と血管の老化予防効果で、緑内障対策

シナモンは毛細血管を拡張して、血行を促します。この作用は毛細血管の集中している部分で特に強く働くといわれ、目の周辺を含む顔全体の血行を促進し、眼精疲労回復にも効果が期待されます。毛細血管や血液の成分を、 良好な状態に保ち、血流を良くすることで、目に酸素や栄養をしっかりと届けて、緑内障対策につなげましょう。そうすることで、 新陳代謝を活発にして、 視神経の強化を目指しましょう。

« 1 2 3 4 9 »

文字サイズ変更できます

A A A

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

治療だけでは安心できない!? 無料メールで万全の緑内障対策を。


眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら
PAGETOP