【緊張すると眼圧上昇】自律神経を整えてリラックスする方法

自律神経を強化!セルエクササイズで体を目覚めさせる方法

自律神経を整えて緑内障予防
 

体の不調は自律神経の乱れからきている場合があります。
不調を取り除いて健康を維持するためには、自律神経を整えて強化することが大切です。

中でもストレスの多い現代社会では、副交感神経のレベルを高めることが求められます。
そこで今回は、自律神経を強化して体を目覚めさせるのに効果的なセルエクササイズの方法や効果についてお伝えします。

 

セルエクササイズとは

セルエクササイズとは、体全体の細胞(セル)を目覚めさせるために開発されたエクササイズです。

細胞を目覚めさせるためには、細胞一つ一つにしっかりと血液を行き渡らせることが大切ですが、そのためには自律神経を整えて強化することが必要です。

特に交感神経ばかり高まりやすい現代人は、副交感神経を活性化させて血流量を増やすことが大切です。
セルエクササイズは、副交感神経のレベル向上によって細胞に血液を行き渡らせ、目覚めさせることができます。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

セルエクササイズの効果

セルエクササイズを行うことで、自律神経を効率よく整え、健康的な体を作ることができます。

効果としては、

・便秘の解消
・冷えの改善
・内臓機能の向上
・ダイエット

などが期待できます。

 

セルエクササイズの方法

セルエクササイズは、いきなりエクササイズを行うのではなく、準備をしっかり行って副交感神経を活性化させることが大切です。

リラックス状態を作り上げてからエクササイズを行うことで体が動きやすくなり、トラブルを回避し、エクササイズの効果を高めることができます。

今回は、以下の簡単なステップで行える方法をお伝えします。

・ステップ1 水を飲む
・ステップ2 タッピングを行う
・ステップ3 セルエクササイズ(手合わせストレッチ)

 

エクササイズ前に水を飲む

今回お伝えするセルエクササイズは、朝に行うと効果的です。
まず、朝目が覚めたら、コップ1杯の水を一気に飲んでください。

起床後に水を飲むことで、腸の運動を活性化させて副交感神経が高まりやすくなります。

 

タッピングで副交感神経を高める

水を飲んだら、タッピングをします。

・ゆっくりと呼吸をします。
・親指と小指以外の3本の指で頭全体を優しくタッピングしてください。
・額、眉間、目の周辺、鼻の下を中心に顔全体も同様にタッピングします。
・タッピングは30秒程度を目安にしましょう。

 

セルエクササイズ

タッピングを終えたら、手合わせストレッチを行います。

・足を肩幅に開いて背筋を真っ直ぐに伸ばして立ちます。
・両腕を頭上にピンと伸ばし、頭の上で手の平を交差して合わせて固定します。
・全身をピンと伸ばして、鼻から息を吸います。
・口で息を吐き出しながら、背筋を伸ばしたまま上半身を前に倒します。
・前に倒した状態で5秒間静止し、鼻から息を吸いながら元の状態に戻ります。
・次に口から息を吐きながら、上半身を順に左右に倒します。
・20往復したら、元の状態に戻って、背筋を正してください。
・背筋を真っ直ぐに伸ばした状態で、手で天井に円を描くように体を大きくゆっくりと回します。
・時計回りと反時計回りを各々1回ずつ行い、元の姿勢に戻ってください。

 

緑内障社長の一言コメント

朝は自律神経のスイッチを切り替えて整えるのに、とても重要な時間です。
朝にセルエクササイズを行うことで、細胞を活性化すると同時に自律神経を整えることができるそうです。
エクササイズの効果を高めるためにも、運動前は水をコップ1杯飲んで副交感神経を高めやすくするといいようです。

参考
日経ヘルス2017年1月号
トップアスリート株式会社