【老化を防いで緑内障予防】脳が元気になる10個の習慣

必要なのは楽しい刺激!脳が元気になる10個の習慣

脳を元気にして緑内障予防
 

「もう歳だから脳が衰えるのも仕方ない」と諦めていませんか?

脳は、いくつになっても成長させ、鍛えることができるんですよ。

脳を若返らせることができれば、生活も豊かになりますよね。
そのためには、ちょっとした生活の中での工夫が大切です。

そこで、今回は脳を元気にするための10個の生活習慣についてお伝えします。

 

脳が元気になる習慣1. 深い呼吸を行う

脳の細胞を機能させるためには、たくさんの酸素が必要になります。
そのため、意識的に深い呼吸を行うことがとても大切です。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

脳が元気になる習慣2. 質のよい睡眠を心掛ける

脳は、睡眠時間に情報を整理しています。
脳を元気にするためには、質のよい睡眠によって脳をリフレッシュさせてあげることが重要です。

 

脳が元気になる習慣3. バランスのとれた食事をする

脳細胞を活性化させるためには、バランスのとれた食事でビタミンやミネラルなどの栄養素を過不足なく取り入れることも大切です。
一方で、脳を劣化させるファストフードなどは控えるようにしましょう。

 

脳が元気になる習慣4. 1日1回は笑う

感情豊かに過ごすことも脳を元気にするためには大切です。
特にポジティブな感情表現である「笑い」は脳を活性化させます。

 

脳が元気になる習慣5. ポジティブシンキングを心掛ける

脳はワクワク、ドキドキといった新鮮な刺激で元気になります。
悩みがあっても上手く気持ちを切り替えるようにして、物事のプラスの面を見るようにしていきましょう。

 

脳が元気になる習慣6. 憧れの対象を持つ

憧れの対象を持つことは、自分の中でキラキラワクワクとした感情を抱くことに繋がります。
「ワクワク」することが大切なので、憧れの対象以外にも、誰かを応援したりすることも効果的ですよ。

 

脳が元気になる習慣7. 感謝の気持ちを持って過ごす

感謝の気持ちを持って日々を過ごすと、笑顔が増え、自然と思考がポジティブになります。
また、人とコミュニケーションする力も養われて、脳が元気になります。

 

脳が元気になる習慣8. 適度な運動を行う

脳の中には、体を動かすことで活性化する領域もあります。
脳と体は切っても切れない関係なんですよ。
脳を元気にするためにも、毎日気持ちよく汗をかける適度な運動を行いましょう。

 

脳が元気になる習慣9. 自然に触れ合う

自然に触れると、「視覚」「聴覚」「触覚」などたくさんの感覚が刺激されます。
また、自然に触れ合うことで、心が豊かになり、思考や感情にもプラスの作用が得られます。

 

脳が元気になる習慣10. 自分を褒める

脳を元気にするためには、思いきり自分を褒めてあげましょう。
自己否定ほどネガティブな感情はなく、脳を劣化させてしまいます。
自分を受け入れて、肯定してあげる習慣をつけてくださいね。

 

緑内障社長の一言コメント

脳を鍛える方法としては、「勉強しなければいけない」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、脳を元気にするためには何も難しいことは必要ないそうです。
新鮮でドキドキワクワクするような刺激が脳を若返らせてくれるとのこと、ぜひお試しください。

参考
「Dr.クロワッサン 100歳までボケない脳トレ」 加藤俊徳さん提案