緑内障の症状・原因・手術・検査・目薬・予防法について詳しく説明しています。眼圧や緑内障の名医、緑内障と白内障の関係、急性緑内障や正常眼圧緑内障、緑内障と失明・遺伝の関係について等も解説しています。そして、原因不明の緑内障に対し、少しでも出来る事・可能性のある情報・お医者様は立場上、提供しにくい情報等を集め、無料で公開しています(主に体質改善方法)。 緑内障対策の日本最大のサイトを目指しています。 情報共有等ご協力よろしくお願いいたします。

MENU

緑内障予防法記事

1. 眼圧を下げる緑内障予防法

歪みを知って解消しよう!骨盤矯正効果のあるひねリッチ

ひねリッチは鍼灸整体師である武富先生が考案したストレッチ法ですが、非常に理にかなった方法として人気を集めています。歪みの解消は、房水の流れをスムーズにすることで、眼圧低下や緑内障予防につながる可能性がありますので、ぜひお試しください。

【リラックスで眼圧低下】アロマの基本的な使い方をご紹介します

眼圧はイライラするだけで上がります。うまくリラックスする引き出しを色々と持つことで、眼圧を低く維持することを期待できます。そこでご紹介したいのが、アロマの活用です。リラックス効果はもちろん、アロマには血流の改善や内臓機能を高めるなど様々な効能があります。

自律訓練法を応用して緑内障予防!公式を作る時の5つのヒント

いつでもどこでも自分をリラックス状態に整える事ができる方法が自律訓練法です。眼圧は緊張することで上がりますので、リラックスすることで緑内障予防にもつながります。自律訓練法の上級者編として、公式を作る時のコツをお伝えいたします。

薬膳茶でリラックスして眼圧を下げる緑内障対策で注意すべきポイント

薬膳茶とは、薬膳の考え方をお茶に取り入れ、手軽に薬膳を楽しむ方法です。薬膳茶は見た目にも楽しく、様々な薬効を得られると同時に心身をリラックスさせる効果も。リラックスで眼圧を下げることができますので、緑内障の方にとっては重宝できますが、考え無しに薬膳茶を作ると健康に逆効果になる事もあります。

自律神経を整えるストレッチ!デスクワークの合間にできる2つの方法

自律神経の乱れはあらゆる病気や体の不調に通じると考えられています。それは、自律神経が体のあらゆる反応や生命維持のための活動の調整役になっているからです。乱れてしまった自律神経を整える事ができる簡単なストレッチ方法をご紹介いたします。

朝のストレッチでストレスをリセットして眼圧を安定させましょう

眼圧はイライラするだけでも上がります。また、ストレス社会の中、食の欧米化が進み、現代人は慢性的な便秘状態になっています。ストレスや悪い生活習慣を続けていると、自律神経が乱れ、心身に不調をきたすようになります。自律神経の乱れは早期に解消したい。それに効果的なのが、朝に行うストレッチです。

眼圧を低く維持する為、ビタミンKで骨を丈夫にして歪みを防止

健康の維持、そして緑内障の方にとって眼圧を低く維持するためには、体の歪みを予防・改善する事が大切です。体の歪みの大きな要因になるのが、骨の脆弱化です。骨の健康に重要な役割を果たす栄養素がビタミンK。ビタミンKの効果と摂取方法についてお伝えします。

【ストレスをためずに緑内障対策】上手な頼み方の5つポイント

眼圧はストレスで上昇します。ストレスをためない方法を知ることは、緑内障対策につながります。そこで今回は、人間関係を良好にする上手な頼み方の5つポイントをご紹介します。

緑内障の眼圧低下に!腸ヨガでリラックスを促す方法

緑内障では眼圧対策が重要ですので、リラックス方法の引き出しを増やしましょう。自律神経は深く係わり合っているのが、腸。腸のリラックスに効果的なのが、腸ヨガです。身体をリラックスさせることは、眼圧対策につながります。寝たまま簡単にできる腸ヨガの方法をお伝えします。

【ストレスをためない緑内障対策】「ありがとう」の伝え方

眼圧はイライラするだけでも上がりますので、緑内障にストレスが影響を及ぼしています。ストレスのない人間関係を構築することは、緑内障対策だけでなく、普段の生活をより良いものとします。今回は、気持ちが伝わる「ありがとう」の伝え方のポイントについてお伝えします。

1 2 3 8 »

緑内障社長のサプリメント

 
緑内障サプリメント
 
【お医者様からご推薦を頂きました】
栄養面での不安を解消するために、緑内障社長は必要な栄養をカバーするサプリを開発しました。
 
詳しくはこちら

無料メールでお届けします


当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら

PAGETOP